今の時代大学生でも起業ができるそのノウハウを岩松や歯との例から学びましょう

>

大学生でも起業が出来る現代、どのようなノウハウがあるのか

個人で企業をする人が急増している

最近の雇用情勢からともいえるかと思うのですが、個人で起業をする人の数がここ数年急増しています。
理由は終身雇用も崩れ始め、サラリーマンでいることに魅力が薄れてきたのとベンチャー企業などの成功で新しい分野へ手を染める起業家が増加しているのも大きな理由のひとつかと思います。
また比較的若い世代の企業が目立ってきたのも近年の大きな特徴といえるでしょう。
若くして起業がしやすい環境が徐々にではありますが整いつつあることと最初からサラリーマンになることを目指していない若い世代が起業に踏み切るというのも大きな特徴のひとつといえるでしょう。
このようにサラリーマンとして生涯をすごす人に比べて経営者として人生を過ごす人の比率がいまや横並びになろうとしているのはこの国の問題点を象徴しているような気がします。

特に若い世代の起業率が非常に高い

特に若い世代の起業の多さに関しては近年ものすごいスピードで増加しており、中高年と比べると比較にならない伸びを示しています。
大きな理由としては学校在学中の人生設計の中でサラリーマンになるという選択肢にまったく魅力を感じない若者が増加していること、さらに世の中の変化で若くして企業をできる環境に世界がなりつつあるという今の世界情勢が若者をその気にさせて起業に至るという形が多く見られるように感じられます。
しかも最近の景況感の悪化で他人に頼るよりは自分自身の力で身を立てて行きたいという思考が若い世代の人の中に芽生え始め、学校在学中から起業を考える人の数が増えていることも大きな要因のひとつに上げられると考えます。


この記事をシェアする