今の時代大学生でも起業ができるそのノウハウを岩松や歯との例から学びましょう

>

必要な準備を揃えよう

資金を用意すること

大学生で起業したいと思ったら、最初に資金調達をしてください。
どのくらいがあれば、起業を成功できるのか考えましょう。
資金調達の方法は、いくつかあります。
家族や親戚から借りられるなら、お願いしてください。
知り合いから借りる際は、利息や返済期限に関して紙面で契約をするのがおすすめです。
口約束だけでは、守られない場合があります。

知り合いから借りられない場合は、別の方法を実践してください。
無理にお金を借りることは、してはいけません。
相手の迷惑になります。
金融機関から融資を受けたり、補助金や助成金を利用する方法があります。
これらの方法を使うなら、申し込みを済ませなければいけません。
早めに申し込んでおきましょう。

従業員の確保をしよう

会社を始めるなら、従業員も必要です。
どのくらいの従業員がいれば、仕事をスムーズに進められるのか考えましょう。
従業員が多いと、1人1人の負担を減らすことができます。
ですがその分、支払う給料が多くなると忘れないでください。
自分が経営者になるので、給料を支払う立場です。
大学生のうちは、給料をたくさん支払うのは難しいでしょう。

仕事を進めるのに、本当に必要な従業員だけ確保してください。
仕事内容によっては、数人で足りるはずです。
また人数が自分1人だけでも、経営はできます。
従業員を雇う余裕がなかったら、最初は1人で経営しても良いですね。
経費をなるべく節約して経営したいなら、人件費を削れないか調整してください。


この記事をシェアする